« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月24日 (月)

紅葉の京都へ(2014.11.23)

連休中で紅葉真っ盛り。しかも行楽絶好日和だ。

そこで、何と大胆にも京都に行くことにした(笑)

 

薄暗い6時に自宅を出発したので、たいした渋滞も無く、予定通り8時に市内に。

市営駐車場に一日駐車しておく事にして、

まずは紅葉より団子で、 

出町にある『出町ふたば』で土産の豆餅を買う。

001085

普通の時間帯なら超長い行列に並んで買わなければいけない。

開店直後だったので、10人くらいの方が並んでいたが、

それでも買い終わった頃には30人ほどに。

001086

あまり甘くない大粒の豆が入って美味しいです。

人気の訳ですね。

 

次は『出町ふたば』の近くにある、

001088

『COFFEE HOUSE maki』でモーニングセットを食べる。

ここも人気店でして、注文して30分ほど待ちました。

001092

厚切りパンを切り抜いたトースト

パンの耳の部分は器になっている、このアイデアが面白い。

コーヒーは酸味の少ない、深い香りでコクがあり、 

昔ながらの本格的珈琲で好みの味です。

 

さて、いよいよ紅葉狩りに出発ーッ(笑)

まずは詩仙堂の近くにある『圓光(えんこうじ)寺』へ。

001147

昔は穴場だったそうだが、今は人気スポット。

8001105

まだ時間が早いので、多少の混みようで済みました。


001129

001132

001123

見頃の紅葉で大満喫。

001136

001144

真っ赤々です!

更に、近くの『金福(こんぷく)寺』も拝観。

001163

001175

天気も良かったし、人ごみも無く満喫。

予定通りの調子良い行程に気分を良くして、

更に、先んずれば・・・で、昼食も早目にと、

開店時間に合わせて、西陣の洋食屋『キッチンパパ』さんへ向かう。

安政3年創業のお米屋さんの一角にあり、

隠れ家的レストラン。穴場です。 

お米の拘りは かなりのもの!

001180

地元の人にも人気のようで、御飯のお代わりもできます。

001185

スペシャルランチ1100円 

ハンバーグ旨し。クリームコロッケ、チーズ紫蘇肉巻きフライまったりさくさく。

御飯は炊き方に拘った伊吹産の新米。

京都に行ったら、会席料理も良いけど、

こういうお店にも行きたいですね。 満足満腹。

 

お腹の運動に

西陣の町家を眺めながら北野天満宮まで散策する。 

001246

花街の上七軒には お茶屋さんがいっぱい有り、

「はんなり」とした風情があります。お茶は売ってませんが(笑)

001201

上七軒の老舗和菓子店の『老松』さんで和菓子を購入。

001206

店内には菓子型がいっぱい飾られています。

北野天満宮には眩いばかりに黄葉したイチョウの大木もあり、
001224

お参りした後は、

大鳥居の傍にある『澤屋』さんで あわ餅を食べる。

001243


001239

作りたての餅は 粟の粒感と ほのかな風味がいい。

 

 

再び満腹(笑)となり、京都の中心部に移動

001252

寺町や錦小路は歩けないほど人人人でいっぱいだったので、

買い物は諦め『イノダコーヒー』で休憩タイム。
001256

ここでも店外行列10分、店内10分、注文後待つこと10分、

001260


001259

その甲斐あり。

ガーデンテラスで ゆっくりと美味しい珈琲で体力回復できました。


001264

『村上重』さんの千枚漬けと、しば漬けをゲットして、

夕刻の祇園の花街を散策。 
001268


001273

もちろん外からだけ見学ですが、再び「はんなり」に(笑)

時々 舞妓さんも歩いていたりして、ここは

何か普通と違う独特の雰囲気があります。どすね。

 

 

さてさて、本日の『メインイベント』としていたのは

清水寺と高台寺の『ライトアップ』の見学です。

多少混んでても 翌日は休みだし、、、遅くなった方が

帰りの渋滞も回避できるかも。という計算。

 

ところが甘かった(泣)

1時間前に行ったのに長蛇の行列。

道幅いっぱいに500m?くらい並んでたので、

即、撤収~

001278

そうか、反対方向に歩いて来る人も多いと思っていたら

諦めて戻って来る人だったのか。

再び夜の街をウオーキング。この日、どんだけ歩いたんだろうか?

やっぱり この時期の京都は避けた方がいいね。

出掛けるなら早出早帰り。どすね?(笑)

 

2014年11月21日 (金)

船釣り(2014.11.20)

今回は、めでたい真鯛を釣りたくて、

知多半島の片名から出船の日間賀島の『甚栄丸』さんにお世話になりました。

初乗船です。この船宿は、親子二隻でやられているようで、今回は息子さんの船。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

若船長は冬はトラフグの延縄漁もしているそうで、この日はお休みだったので乗れました。

00068 

0031

00060

エサのウタセエビを入れる桶。

使い込んであり、桶は船によって色々違い、

工夫もあって船長の心技が 何か伝わってきます。

 

さて、片名港を出港して小1時間、瀬木寄瀬に到着。

下げ潮のタルミを期待して我慢強く釣りするも、

エサ取りさえも反応無し状態。他船も場所変えや錨を打ち変えたりしている。

我々も ここは見切って大きく場所変えすることにし、

日間賀島周りに戻って、気分新たに再トライしました。

0028
ここでは反応良く、良型マタカがポンポンポンと釣れ、オマケにメバルも。

しかし、地合は短く、上げ潮が速くなるとエサ取りだけがエサをかじっていくだけで

終了時間となりました。

釣果は

0025

右下の魚は気にしないで下さい(笑)

狙った赤い魚が釣れなかったのが少し残念でしたが、

漁の話や僚船の話など若船長との気さくな会話で 

とっても興味深くて面白く 一日楽しく釣りをすることが出来たのが、

これが何よりの釣果でした。

0034

神経締めしてもらったプリプリの刺身や新鮮な白子に舌鼓です。

ps

弁当箱を船に忘れて来たので、近いうちにまた行かねば・・・(笑)

 

 

 

2014年11月11日 (火)

宮古島旅行 その3

結婚式も無事に終わり、その後、平良の町に買い物に出てみる。

030

平良港近くの、ネーミングがいい『波止場食堂』の隣の、

『モンテドール』と言う菓子屋さんで、

201

宮古土産の、昔も今も定番という『バナナケーキ』を買う。

空港でも売ってるそうだが、あえて本店に拘った。

その後、『宮古島公設市場』に。

033

お店の前には人気者人形の『宮古島まもる君』が。

島内では色んな所で目を光らせている。 

『宮古島まる子ちゃん』もいるそうです(笑)


031

『もずく』や、

032

市場の前の露天で、

204

『ドラゴンフルーツ』を購入。

210

帰って食べてみると、真っ赤かで甘味は遠い。

歯ごたえは上のキュウイに似ている。

嫌いじゃないけど、好んでまでは、、、ちょっと。

 

0335

夜は宮古牛の焼肉をご馳走になる。 柔らかく口の中でとろけそう。

歯医者要らずの柔らかさでした(笑)

美味しかったので、翌日、『フジ冷凍食品』というお店を探して、

自宅土産用に宮古牛のヒレ肉を買って、機内手荷物で持ち帰る。

 

 

さて、翌朝はビュッフェスタイルの朝食を済ませて、

034

博愛港出港の『水中観光船』で珊瑚礁を覗きに行く。

036

乗船したのは可愛らしいこの船です。

035

隣に停めてあった遊漁船が気になる(笑)


037

お手軽に水中散歩できて楽ですね(笑)

038

珊瑚礁ってこんなに綺麗だったのね! 感動。

赤珊瑚獲る奴 いや、『盗る奴』 許せない!!!!

 

 

宮古島の海を満喫したあと、活躍したレンタカーを返して、

宮古12時5分発の飛行機で那覇に。

那覇空港での乗り継ぎ時間を5時間にしてあったので、その間に那覇市内観光です。

先ずは空港からタクシーで首里城へ。

043


044


045

近づくと、漆喰に赤い瓦、漆や木の彫りの技術が素晴らしいです。

 

沖縄の歴史、色々勉強した後は国際通りに。

047

牧志公設市場が一番のお目当て。

048

肉やカラフルな魚や海老、蟹がいっぱい。

珍しい食品があるので、興味津々です。

049

こんな所へ来ると俄然元気が出ちゃいますね。

050

イセエビ、ノコギリガザミ、ミーバイ(ハタ)を購入。

051_2

この黄色い看板は 台湾屋台を彷彿させるね(笑)

1階の魚屋さんで買って頼むと、2階のこんなオープンな食堂で料理してくれます。

055

052

ノコギリガザミは蒸してもらい、オリオンビール生、旨し(笑)

053

イセエビとミーバイを刺身で舟盛りにしてもらうと、

海ブドウや貝がサービスで付いてくる。

054

残りの頭とアラは味噌汁と煮付けにしてもらう。

ライスも注文して『ぶっかけ』  まいう~~でした。

が、

台風20号の影響で漁がなかったかのか? 

ちょっと高かったです(涙)

アバサー(はりせんぼん)も食べたかったけど次回と言うことに。

 

056

牧志地区は名古屋だと大須っぽく、規模がでかく、

迷路の中に所狭しと物凄い数のお店があります。 

買うもん あんまりなかったけど愛着のある空間ですね(笑)

206

最後に、国際通りの『伝統工芸館』で沖縄旅行の記念にと、

壺屋焼の蕎麦猪口を購入しました。

熟年夫婦用と新婚夫婦用です(笑)

めでたし、めでたし。

 

 

2014年11月10日 (月)

宮古島旅行 その2

今回の宮古島旅行、

ホテルは『シギラベイサイド スイートアラマンダ』でした。

104

本館フロントは落ち着いたリゾート感でいっぱい。

101

外観は洒落た赤い屋根。

028

池ではウミガメが泳いでいたりして、

103

部屋は憧れのプール付きで、

寝室の他にも昼寝部屋?も(笑)

癒しの空間の『おもてなし』は最高でした。

********************************************

ところで今回、宮古島に来た訳は、

029

これ。

113

そう、結婚式です。娘の。

107

写真撮影にも同行

109

110

108


111

『おめでとう 幸せになってくれ』 ぐすん。。。w


112

皆様に祝福され 良かった 良かったね。 

いい結婚式だった!

詳細は涙で省略。

泣きすぎで(照れ笑)

その3に続く。 と言うことに・・・

 

 

 

2014年11月 9日 (日)

宮古島旅行 その1

2泊3日で宮古島に行って来ました。

今回は釣りじゃ ありませーん(笑)

 

001

7時40分 セントレアを出発。船は大丈夫なんだけど、

久しぶりの飛行機はちょっと緊張するね(笑)

004

『青い珊瑚礁』♪を口ずさみ、

005

那覇で乗り継ぎ、宮古空港に11時25分 無事着陸成功(笑)

ネット予約で空港まで送迎ありのレンタカーを借りて、

(24時間3300円は安い!)

まずは、『シギラガーデンレストラン』で宮古蕎麦を食べ、

008

次は近くにある『多良川酒造』の泡盛工場見学。

010

009

009_2

店内はこんなです。

泡盛が貯蔵されている洞穴を案内してもらい、

017_2

ここは洞穴の入り口

011

階段を下りて行くと、

012

泡盛がいっぱい保存されてます。


013

ココは有名人コーナー(笑) プロ野球選手のが多かったです。

泡盛は熟成させた古酒ほど まろやかになるそうで、

016

マッキーも一升瓶で5年保存して自宅まで送ってもらうことに。

プロ選手に習って5年契約だ(笑)  忘れそうだが・・・(笑)

 

その後『東平安崎』にドライブして観光です。

022

021

020

空の青さ 海の青、実に透明で綺麗な海ですね。

 

 

夕食は平良にある 三線ライブのある『うさぎや』で

郷土料理を味わい、
025

ノリノリでお客さん全員と踊りだす。 沖縄、宮古、いいねえ~~(酔)

♪酒が飲める 酒が飲める 酒が飲めるぞ~♪
♪酒が飲める 酒が飲める 酒が飲めるぞ~♪

026

今宵の宿は『宮古島シギラベイサイド スイートアラマンダ』

飲みすぎで(笑)

2日目に続く。 ことに・・・

 

 

 

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

HPは『森の林の木』

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ