« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月27日 (金)

オニカサゴ釣り(2015.3.26)

五ケ所湾出船の『海晴丸』で、むらちゃんと鬼釣りに。

002191

湾内は静かだったが、沖に出ると前日の風が残っていて

波が凄かったが、これも次第に収まって、

デメ潮もあまりなく、船も流れる。水温もまずまず。

しかし何故か鬼のアタリがない。

鬼さんどちら? 調子が出ず、今回は鬼に嫌われたか?

最近 沖は不調らしいが やっぱりという感じでした。

003091

救いは高級魚のアカムツゲット。錦織圭選手が食べたいと言っていた奴ですw

 

帰りの高速の渋滞を避けたかったので12時過ぎに撤収

002206

二人分の釣果

アカムツ、イズカサゴ、フサカサゴ、ウッカリカサゴ

アヤメカサゴ、ムシガレイ、ヒメ、マサバ、「鯛焼き?」

むらちゃんはアカムツ2匹と本命の鬼もゲット  持ってるねえ~

マッキーは外道ばかりで鬼カサゴ釣りになってませんでした(汗)

 

00035


00039

帰り道に『わらしべ』で鯛焼きを釣って帰る。

鬼焼きも作って欲しいなあ(笑)

 

貴重なアカムツ

002019

一晩寝かせて翌日、バーナーで炙ると

002020

ほら、こんなに脂が浮いてくるぞ!

002029

炙りアカムツの刺身は絶品でした!

ウッカリカサゴは もう一晩寝かせた方がよかったかな。

 

 

 

2015年3月23日 (月)

潮干狩り(2015.3.21/22)

彼岸の連休は好天に恵まれ、潮時も良かったので幡豆に行って来ました。

002169

2日続けて潮干狩りに行くのは初めてですが、

行けば、昨日お会いした人が沢山いるではないですか!

ほとんど地元の人のようで、連荘は当たり前か(笑)

聞けば、4日連続という人も・・(汗)

 

良さそうな場所は だいぶ掘られてしまっていて、新場に当たりません(泣)

当たればザクザクなんだけどねえ~

あちこち彷徨いながら、石をどかしながら、腰をかばいながら・・・

何とか一生懸命(笑)

00025

鬼アサリ、大アサリ、アカニシ、ナマコまでw 

アサリの外道獲りも楽し(笑)

002156

2日ともこれくらいが精一杯。ジモピー(地元人)にはかないませんね。

まあ、カゴ一杯獲れなくても 美味しいからヨシとしましょう(笑)

2日連続の潮干狩りは 流石に腰にきています。

00002

定番の味噌汁以外に 分葱との「ぬた」 これが美味いんだよね~

 

ところで、各地で潮干狩りが始まり、東幡豆漁協の前島も19日から開催。

たくさんの潮干狩りファンが訪れ、今年もたくさん獲れているようでした。

今のところ、、、(笑)

 

 

2015年3月20日 (金)

釣り(2015.3.19)

雨の予報なので、家でおとなしくしていようと思っていたら

あれ~ 予報が曇りマークに。 ならば気温も高いし、波もなさそうなので 

急遽出撃を決めた。 ら、再びあれ~ 予報がやっぱり雨マークに(泣)

雨でも温かい雨だし「マッ、いいかー」 と決行。

周りから その気にさせる話もあったし・・?(笑)

 

さて、狙いは春告魚のメバル。

決して強い引きではないけど、独特な釣り味があるメバル釣りは大好きな釣りの1つです。

しかし昔と比べて数が少なくなったせいか、最近はパッとしません。

船宿は『忠栄丸』さんで3名の中物乗り合いでした。

メバル釣りの得意な船でマッキーが師崎で最初に乗った釣船です。

 

6時半、片名港出船

前半 3時間半ほどメバル釣りでした。

やっぱり雨。でも温かいので あまり苦になりませんでした。

冬の冷たい雨を経験しているからね(笑)

02781

カモメも飛来して応援。 いや、エサのおねだり(笑)

探検丸を見ていると 魚の反応はイマイチ。

低い棚で拾い釣りのような感じで時々釣れます。

アタリがあって 少し持ち上げて待っていても なかなか追い食いがありません。

春のメバル釣りらしくない感じでしたが、サイズは良いので それが救い。

 

後半 1時間半ほどは、伊良湖水道で土産作りの楽釣カサゴ釣りが

『一体どうしたんだろう?』と言うくらい不調でして

メバルよりカサゴの方が難易度が高かったです。

たぶん何かの原因で喰い気が無かったんだろうと思いますが。

Img01

25cm頭に12匹で数は遠慮気味(笑) 

002784

相性抜群のタケノコと一緒に煮付けました。

メバルは釣っても食べても 良い魚ですね~

 

 

 

2015年3月16日 (月)

釣り(2015.3.15)

00082


穏やかな春の陽気に誘われて 

6名の大物乗合で、泳がせ釣りに行って来ました。

サビキ仕掛けでエサのイワシを順調に確保。

その後 本命のヒラメやブリを狙いました。

が、こちらは一度もアタリ無く終了。 いわゆる『ボ・・』でした(泣)

 

これも想定内の大物釣り。

00089

こんな事もあろうかとエサのマイワシをカモメにやらず持ち帰る(笑)

 

面倒だが3枚に下ろし、皮を頭の方から手で剥く。

00091

美味そうですね。  が、食べると『普通』でした(泣)

これも想定内?

白身の方は 先日釣ったイシダイの柵をダッキーでパッキング。

冷凍して氷水解凍したものです。お試しでやってみました。

脂の乗っている魚はマグロと同様に冷凍しても美味しいかったです。

 

しかしこれは釣りに行かない日でも食べられるので、

何かイマイチ気分転換にならない春霞のような今回の釣りでした。

スカッと何か釣りたいな~

 

2015年3月 9日 (月)

潮干狩り(2015.3.8)

今年は寒い冬が長かった分、春到来に心ウキウキ。

そして、春と言えば待ち遠しかった潮干狩りのシーズンだ。

渥美半島の小中山漁協の解禁を皮切りに

三河湾の西尾市でも 色んな海岸で潮干狩りが始まり

マッキーも乗り遅れることなく、解禁2日目の沖島に行って来ました。

 

近年、全国的にアサリが獲れなくなっていますが、

御多分に漏れず三河湾でも年々少なくなって、

解禁日を遅らせたり、開催日も少なくしたり などなどと

漁協も大変なようです。

 

今回も獲れんでも文句ナシの「覚悟の潮干狩り」です。

最近このパターンが多いですが・・(笑)

002045

沖島に渡り、潮の引くのを待ちながらランチの後、

大きな石を動かして岩場のアサリを狙います。

002054

が、気合入れて色んな場所を探すも、

アサリの鉱脈に当たらず(泣)。腰も痛い(泣)

002062

やっぱり獲れませんでした。タマポツでは増えませんね(笑)

漁協指定のカゴ半分以下の収穫はアサリの保護に役立ったかな?

中にはカゴ一杯近く獲ってる地元名人もいましたが・・・

リベンジして良いものかどうか・・・

 

002079

今シーズンの初アサリは早くも身はパンパンで、

味の方は期待通りのナイスな味!

やっぱりアサリは旨いなあ~

 

 

2015年3月 6日 (金)

海鼠腸(このわた)

002032

風、ビュンビュンの昨日は、師崎に所用があり、

帰りに『師崎朝市』に寄ってみた。

やっているのは8時から12時までで、

船釣りに行くときには寄れないので久しぶりだ。

002028


002031

平日にもかかわらず、大勢の買い物客で賑わう。

 

 

獲れたてのワカメを買って 更に、、、

002036 

好物の『このわた』があったので買う。

ナマコの腸を塩漬けして熟成させたもの(塩辛)で、日本三大珍味のひとつだ。

  
002042

人によって好き嫌いはありますが、 

マッキーは少数派の好きな方です(爆)

お茶に入れたり、酒に入れたり、茶碗蒸しに入れたりするとると 

またこれが美味いんだなあ~

 

 

 

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

HPは『森の林の木』

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ