« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月24日 (金)

釣り(2015.4.23)

南知多、片名の直栄丸さんで、むらちゃん会長の『Team海人』のピンチヒッターで出撃。

船長に言わせると、

『むらちゃん』と『マッキー』だから『M&Mコンビ』だそうです。 むむ~チョコレートかい(爆)

しかし最近の釣り状況は 実にピンチな状態だからヒッターになれないかも(笑)

 

早く港に着いたので、お隣の『優誠丸』さんと駄弁り。先週の反省だ?

6時出船、港に来る途中 霧が立ちこめていたが、直ぐに晴れて大した風波なく、

気温も上がりそうで釣り日和に恵まれた。

 

春の大物釣りは 師崎方面ではマタカ狙いが毎年のパターンで

たまに真鯛が釣れる程度だが、

今年はコウナゴが少ないせいか、マタカが釣れないので、

今回は真鯛が本命。

0022

まずは伊良湖水道でエビ餌、胴突き仕掛けで流し釣り。

釣り船がいっぱい このポイントに集結している。 

 

一流し目では水深がどのくらいか?、錘は良いか?、 ドラグの具合は? 

などとコンディションを探っていると、『コン』と早くもアタリが。

カサゴかべラか 何かエサ取りか? 

船長が「タモいる?」って言ってくれたが、「小さそう」と舐めてかかったら、

上げてくる途中 結構な引き。

真鯛が本命だから、頭の中はマタカ(スズキ)の事は全く無く

今、思えば、あれは完璧なマタカの引きではないか(笑)

慌てて船長にタモ入れしてもらい、幸先良しの上出来スタート!

 

こんな時は『スミイチ』のパターンが多いので心配するが、

今回は直ぐに前アタリ無しのギュンギュンーで良型真鯛が掛かり

スミイチ心配も回避。 船長、むらちゃんも鯛を釣って、

今日はいっぱい釣れるぞ~~ を確信したが、その後は ・・・

 

そう、今年の海はそんなに甘くは無い。 最近の海に戻ってしまったのだ(笑)

良いことは長く続か無いね。短いジアイでした。

 

その後、西度合に移動。

むらちゃん、船長はエビ餌の手釣りで良型の鯛を追加し、実力発揮するが、

マッキーはコウナゴの手繰りや 鯛カブラに執着しすぎたか?

『ダメよ ダメダメ』でした(古笑)

鯛カブラにこちらの心が入ってない。

『こんなもんで釣れるんかあ~?』って思ってやってるから

余計いかんですね。 

0011

船中釣果。『無かった事にしてくれ船』が多い中、

流石『直栄丸』さん、上手に釣って 上手に釣らせてくれます。 

002656

兜の潮汁は実旨でした! 

刺身も脂が乗った久々の真鯛やマタカは 

先週が先週だったもんだから よけい旨かった~~

ええっ~? 先週って?(爆)

 

 

ところで、

今年はコウナゴが不漁なのに、今の時期としてはメタボマタカは

何食ってんだろう? と思い、腹を開けば、

002645

確かに脂がすごい。夏時期みたいだ。

002646

胃袋の中は シャコ、カニ、小コチがベイトでした。

底物喰ってるんだ。やっぱり上手に咬んでないね。

 

 

2015年4月21日 (火)

串アサリ 2015

先日採ったアサリで、今年も串アサリを作りました。

0072

買うと高いので自作ですが、結構 大変です(笑)

00077

一日干して 出来上がり。 こいつを炙ったり天麩羅にして

肴に飲むビールが楽しみ! 詳しい作り方はこちらです。

 

2015年4月19日 (日)

潮干狩り(2015.4.19)

西尾市の幡豆に行って来ました。今回は前島です。12時30分頃の干潮。

コンビニで前売り券(1,500円)と弁当を買い、漁協の市場で海水を汲んで、

浜に9時半ころ到着。

もうすでに、たくさんの人が掘り始めていました。

002596

実は、、、雨の予報だったので行くのを迷ってましたが(ウソ)

同じ心配をしながら、来てしまった潮干狩り大好き人間が

大勢いるではありませんか! 安心しました(笑)

 

002599

予報は外れで雨はパラパラ程度。 予報、当たりませんねー(笑)

 

今年はアサリが不漁なので、此処も心配していましたが、

居る所は居るようで 根よくやればウジャウジャ。

同じ所や、掘った後ばかりを掘ってたら(泣)です。  

002600

バカ貝もたくさん獲れるようで、いっぱい落ちてます。

青柳としても、釣り用のエサとしても、これは良い話ですね(笑)

002611


002613

あんまり多いんで、アサリは獲らず、

並べて芸術?やってる子供もいたりして・・・(笑)

 

アサリは小粒は獲らず、大粒だけキープ。

002628

時間をかければ、入漁袋一杯(約4Kg)くらいは軽くクリアできそうです。

今のところ・・・(笑)

2015年4月12日 (日)

京都に花見(2015.4.12)

京都へお花見に行って来ました。

朝6時に出発、自宅から高速を使って2時間の行程です。

お花見や紅葉の時期は観光客で混雑するので

何時もパーキングに車を置き、あとはタクシーや徒歩、地下鉄などで移動です。

8時 出町の駐車場に車を置き、

02342

近くの人気店『出町ふたば』で餅と団子を購入。

朝一で並んだので空いてましたが、

02533

帰りに見たらギュウギュウ5列の順番待ち。

ちょっと得した気分です(笑)

お土産用の豆大福と、

0222

花見団子と桜餅 を買い、

02349

賀茂川の堤で朝食代わりにいただく。

堤の桜は残り3分で、逆光に はらはらと舞い散る桜が爽やか。

 

さて、今回の花見のメインであります『原谷苑』には

駐車場が無いし、バスも本数が少ないのでタクシーで行きました。

市内のソメイヨシノは ほぼ散ってしまいましたが、

ここの桜は種類が豊富で満開で見頃なのです。

02354

9時開苑の20分前に着いたが、すでにこの行列!

 

入苑料は桜の見頃時期によって変わるそうで

今回は最高ランクの何と1500円! 

複雑感ありですが、喜んで良いのです(笑)

02360

02374

02377_2


02386

上を見ても横を向いても周りは桜とは、、、圧巻です! 

所狭しに、一重、八重、ピンク、白の色んな種類のしだれ桜、

黄桜、ボタン桜、御室桜などなど

それに雪柳たボケ、黄色のヤマブキ、レンギョウ、ミツマタなどが植えられていました。

散る時もきっと凄い花吹雪になるでしょうね。

02395

なかでも御室桜が花びら大きく香り良く存在感アリでした。 

02409


02424


02433


02434

約4千坪の敷地に、「これでもか~~」と言うくらい 桜・桜・桜・・・

まだ あまり知られていない場所だけに

マナーの悪い国の人には まだ知られたくないです(笑) 

 

桜を満喫して次は、鷹峯の『常照寺』へ 再びタクシーで移動。2kmちょっとです。

ここではちょうど、『吉野太夫花供養』の道中があり、街道で見学。 

02448


02459


02466


02474

人出は凄かったが、

めったにない機会だったので、見られて大喜び。

ただ、マナー違反の自称カメラマンが多く残念。

人のふり見て我がふり直せ ですね。我国も(小笑)

 

その後、近くの血天井で有名な『源光庵』を拝観。

02480

丸と四角の『悟りの窓』と『迷いの窓』でも有名です。

02490

窓の外はこうなってました。

その近くにある『光悦寺』にも拝観

02493


02497

竹を斜めに組んだ『光悦垣』で有名です。

園内には茶室がたくさんあり、鷹峰三山を背に庭がきれいです。

この辺り、今度は紅葉の時期にも訪れたいです。

そして鷹峰から今宮神社までの2kmをブラリ

02508

02509

途中 廃業された織屋でマッキー妻は絹糸を格安でゲット

02513

マッキーは『松野醤油』で刺身用の醤油ゲット


02514

京野菜農家の超直売所でタケノコもゲット

02516

秀吉によって作られた『御土居跡』なんかもあったりして、、、  

ブラリ、道に迷いながら今宮神社に到達(笑)

ここのお目当ては『あぶり餅』

02517

右が『一文字屋和助』さん、左が『かざり屋』さん


02519

今回は『かざり屋』さんで 美味しくいただく。

このやりかたでにアサリを2、3個挿して干して炙ったら 美味いかも?

などと考えは巡る(笑) こんどやってみます。

昼過ぎに出町の駐車場近くに戻り

02528

漬物屋さん田辺宗の『旬彩ダイニング 葵匠』で

02526

京漬物寿司御膳を。

色々な漬物の味が飯と一緒に味わえて美味しい。

京都らしくヘルシーで上品な味わいで ◎でした。

美味しいものを食べ、気分良く店を出て、

近くの『出町 枡形商店街』で またまたタケノコをゲット!(笑)


02532

0228

塚原産のタケノコは初めてです。 先っぽの方まで土が付いてました。

と言うことは土の中から掘り出しているんだ!

「そのままでも食べられます。アク抜きするんなら糠を入れずに茹でて」と言われました。

これは食べるのが楽しみだ。  


帰りは夕方の渋滞を避け、今回は早めに市内を脱出して、

比叡山越えで琵琶湖大橋の袂にある

0245

佐川美術館に立ち寄りました。

0233

水に浮かぶ美術館とも称される、一度訪れたかった美術館です。

モノトーンでシンプルな切妻の屋根。周りは水庭で 『和』ですね~

0248

本館の2棟の間の中庭。シンプルです。 ここでゆっくりして、

湖岸道路~彦根経由で たいした渋滞ナシで帰宅できました。

2015年4月10日 (金)

釣り(2015.4.9)

今年の伊勢湾はどうもオカシイ!

イワシが何時までも伊良湖水道にいたり、

コウナゴは不漁で漁も早々と終了。

そんな訳でブリや大ヒラメが釣れたかと思えば、

コウナゴ大好きのマタカやメバルは全くパッとしない。

天候も変だ。この日も4月と言うのにとっても寒かった。

 

むらちゃんと知多半島・片名港の『直栄丸』さんで出撃。

002322

最近の様子はイマイチの事前情報。

船長も『魚が口を使ってくれないから胃が痛いよ イタイヨウ(笑)』とボヤキ節

 

さて、6時出船。風も波も無く天気は良い。

満潮は8時頃で、満ち潮のうちは流し釣りで始まりました。

操舵室の魚探を覗いているとベイトは映るようなので、

今までとは違った事をやって色々と試そうと、

まずはジギングで攻めてみる。

 

この釣り方では、慣れない竿さばきにも拘わらず3回もアタリがあったが針掛かりせず。 

たぶんセイゴクラスのようでフックが大き過ぎたのか?

アタリがなくなり 魚探の反応も少なくなったので、

次は

アイナメ狙いで 30号の自作ブラクリ仕掛けで しゃくってみる。

今、流行のひとつテンヤ方式の元祖だ?(笑)

この釣り方では本命はダメだったがコチが釣れた。

時々エサが無くなっていたので アタリの見逃しもあったのかな?

意外に難しい。ひとつテンヤも覚えておくと今後役立つかも。

 

そうこうしている内に満潮になったので錨が入り、流し釣りから 掛かり釣りに変更。

今度は腰を据えて手釣りに変えると、クロダイ、コチ、セイゴが釣れ、  

『良いぞ 良いぞ これからジアイだ~!』も つかの間。 あとはタマポツ。

オモリを変えたり 針を変えたり 鋳込み針を使ったり、釣座を変えたり、

ハリスを変えたりと、何とか魚のスイッチが入らないかと試したが、

いかんせん 魚の活性が低過ぎました。

何時も思うのだが、釣ってる時って、あっという間に時間が過ぎるね。

 

むらちゃん、船長はポツポツ釣ってまして、そのおかげで

002325

何やかんや言っても 船中こんだけ釣れました。

 

今回はマッキーとしては釣果は二の次。

船長と相談しながら釣り方を色々変えて試す事が出来たので

それなりに楽しめました。 これが仕立て船の良いところですね。 

 

00010

マゴチ、クロダイ、セイゴの刺身

セイゴは思ったより中太り、クロダイは抱卵

 

ところで、

伊良湖水道ではサワラの群れが入ったようで、、、  

今年の海は やっぱりオカシイ!  伊勢湾らしくない。

ただ、何か釣れないと何かが釣れるところは救いです。

 

 

2015年4月 3日 (金)

釣り(2015.4.2)

釣れないと余計釣りたくなるのが釣り人の性。

食しては最高だが 最近、釣れなくなったメバルを釣ろうと、

002250

知多半島の片名港から『忠栄丸』で再びメバル釣りに出掛けました。

メバルのポイントを熟知していて、上手に釣らせてくれる船宿です。 

 

中物乗り合いで5時半出船。  

前半は風も波も大したこと無かったのに

後半は結構な風とウネリに悩まされました。

002266

前回も飛んできたカモメと目が合い、リリース魚をおねだりする(笑)

仕掛けは胴付き仕掛けの60号オモリで、エサは船宿が用意してくれたイサザです。

002262

だいぶ以前に購入した中通し3.3mの竿(レジェンドだ)と手巻きリールで頑張るも・・・

002267

チビメバルは釣れるのだが・・・

良いサイズはポツポツの拾い釣りで数が伸びませんでした。

まあ、こういう事もある(笑)

002277

調理途中の釣果写真

釣果は煮付けサイズのメバル4匹と 

チビ多数、カサゴ、海タナゴ、ベラ

002285

チビ他 その他の魚はお刺身に。

調理面倒サイズでしたが・・・妻に感謝(笑)

002287

煮付け美味し!

タケノコと山椒の新芽を添えて春実感でした。

やっぱり 春はメバル! 家族に好評なので、もう少し狙ってみます。

 

 

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

HPは『森の林の木』

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ