カテゴリー「釣り」の104件の記事

2015年5月 7日 (木)

釣り(2015.5.6)

GW最後の日に『サンフィッシャーSATO』さんに

むらちゃんを誘って出掛けて来ました。イシダイ狙いです。

篠島でエサのウタセエビを調達。

多少ウネリがあったものの、天気も良く、期待充分で釣り開始。

しかし、と言うか、やっぱりと言うか、(笑) 

最初はアタリ無しでエサも取られません。

ようやくエサを取られるようになっても、ナイショで取られるばかりで、

本命の気配がない。

上潮は流れるが、底潮があまり流れないせいか、

口を使ってくれず、そう簡単にはイシダイは釣れません。

 

船長、潮や風で船がポイントから外れる度に錨をやり変えて、

何とか釣れるように コン良くやってくれます。

むらちゃんも手釣りでコン良く粘って、高級魚の良型アカハタをゲットするも苦戦。

マッキーも 、むらちゃんを見習って、コン良くやってれば、何時か釣れると信じて、

それが何時になるのか?年内か? などと冗談言いながら、(笑)

何度もエサや仕掛けの点検&交換を。

 

しかし11時頃、流石に疲れて、

『ちょっと休憩 ひと休み』と、ロッドホルダーに竿を置くと、竿先が御辞儀するではないか!

良い感じで曲がっている。

アワセを入れて リールを巻くとずっしりと重い。引く引く。

久しぶりのイシダイの引きを堪能し、無事ゲット。

二人に祝福していただき、釣れない時の貴重な一枚に、喜びひとしおでした。

釣れる時はこんなもんですね。

何か持ってるラッキージジイになれました(爆) 

00547

船中釣果:
イシダイ、ニベ、へダイ、カサゴ、アカハタ、ホウボウ

 
00560

刺身は1,2日 寝かせた方が美味しいかな。


00563

石鯛のカマ、へダイの卵、筍の煮付け

これは美味い。

 

 

 

2015年4月24日 (金)

釣り(2015.4.23)

南知多、片名の直栄丸さんで、むらちゃん会長の『Team海人』のピンチヒッターで出撃。

船長に言わせると、

『むらちゃん』と『マッキー』だから『M&Mコンビ』だそうです。 むむ~チョコレートかい(爆)

しかし最近の釣り状況は 実にピンチな状態だからヒッターになれないかも(笑)

 

早く港に着いたので、お隣の『優誠丸』さんと駄弁り。先週の反省だ?

6時出船、港に来る途中 霧が立ちこめていたが、直ぐに晴れて大した風波なく、

気温も上がりそうで釣り日和に恵まれた。

 

春の大物釣りは 師崎方面ではマタカ狙いが毎年のパターンで

たまに真鯛が釣れる程度だが、

今年はコウナゴが少ないせいか、マタカが釣れないので、

今回は真鯛が本命。

0022

まずは伊良湖水道でエビ餌、胴突き仕掛けで流し釣り。

釣り船がいっぱい このポイントに集結している。 

 

一流し目では水深がどのくらいか?、錘は良いか?、 ドラグの具合は? 

などとコンディションを探っていると、『コン』と早くもアタリが。

カサゴかべラか 何かエサ取りか? 

船長が「タモいる?」って言ってくれたが、「小さそう」と舐めてかかったら、

上げてくる途中 結構な引き。

真鯛が本命だから、頭の中はマタカ(スズキ)の事は全く無く

今、思えば、あれは完璧なマタカの引きではないか(笑)

慌てて船長にタモ入れしてもらい、幸先良しの上出来スタート!

 

こんな時は『スミイチ』のパターンが多いので心配するが、

今回は直ぐに前アタリ無しのギュンギュンーで良型真鯛が掛かり

スミイチ心配も回避。 船長、むらちゃんも鯛を釣って、

今日はいっぱい釣れるぞ~~ を確信したが、その後は ・・・

 

そう、今年の海はそんなに甘くは無い。 最近の海に戻ってしまったのだ(笑)

良いことは長く続か無いね。短いジアイでした。

 

その後、西度合に移動。

むらちゃん、船長はエビ餌の手釣りで良型の鯛を追加し、実力発揮するが、

マッキーはコウナゴの手繰りや 鯛カブラに執着しすぎたか?

『ダメよ ダメダメ』でした(古笑)

鯛カブラにこちらの心が入ってない。

『こんなもんで釣れるんかあ~?』って思ってやってるから

余計いかんですね。 

0011

船中釣果。『無かった事にしてくれ船』が多い中、

流石『直栄丸』さん、上手に釣って 上手に釣らせてくれます。 

002656

兜の潮汁は実旨でした! 

刺身も脂が乗った久々の真鯛やマタカは 

先週が先週だったもんだから よけい旨かった~~

ええっ~? 先週って?(爆)

 

 

ところで、

今年はコウナゴが不漁なのに、今の時期としてはメタボマタカは

何食ってんだろう? と思い、腹を開けば、

002645

確かに脂がすごい。夏時期みたいだ。

002646

胃袋の中は シャコ、カニ、小コチがベイトでした。

底物喰ってるんだ。やっぱり上手に咬んでないね。

 

 

2015年4月10日 (金)

釣り(2015.4.9)

今年の伊勢湾はどうもオカシイ!

イワシが何時までも伊良湖水道にいたり、

コウナゴは不漁で漁も早々と終了。

そんな訳でブリや大ヒラメが釣れたかと思えば、

コウナゴ大好きのマタカやメバルは全くパッとしない。

天候も変だ。この日も4月と言うのにとっても寒かった。

 

むらちゃんと知多半島・片名港の『直栄丸』さんで出撃。

002322

最近の様子はイマイチの事前情報。

船長も『魚が口を使ってくれないから胃が痛いよ イタイヨウ(笑)』とボヤキ節

 

さて、6時出船。風も波も無く天気は良い。

満潮は8時頃で、満ち潮のうちは流し釣りで始まりました。

操舵室の魚探を覗いているとベイトは映るようなので、

今までとは違った事をやって色々と試そうと、

まずはジギングで攻めてみる。

 

この釣り方では、慣れない竿さばきにも拘わらず3回もアタリがあったが針掛かりせず。 

たぶんセイゴクラスのようでフックが大き過ぎたのか?

アタリがなくなり 魚探の反応も少なくなったので、

次は

アイナメ狙いで 30号の自作ブラクリ仕掛けで しゃくってみる。

今、流行のひとつテンヤ方式の元祖だ?(笑)

この釣り方では本命はダメだったがコチが釣れた。

時々エサが無くなっていたので アタリの見逃しもあったのかな?

意外に難しい。ひとつテンヤも覚えておくと今後役立つかも。

 

そうこうしている内に満潮になったので錨が入り、流し釣りから 掛かり釣りに変更。

今度は腰を据えて手釣りに変えると、クロダイ、コチ、セイゴが釣れ、  

『良いぞ 良いぞ これからジアイだ~!』も つかの間。 あとはタマポツ。

オモリを変えたり 針を変えたり 鋳込み針を使ったり、釣座を変えたり、

ハリスを変えたりと、何とか魚のスイッチが入らないかと試したが、

いかんせん 魚の活性が低過ぎました。

何時も思うのだが、釣ってる時って、あっという間に時間が過ぎるね。

 

むらちゃん、船長はポツポツ釣ってまして、そのおかげで

002325

何やかんや言っても 船中こんだけ釣れました。

 

今回はマッキーとしては釣果は二の次。

船長と相談しながら釣り方を色々変えて試す事が出来たので

それなりに楽しめました。 これが仕立て船の良いところですね。 

 

00010

マゴチ、クロダイ、セイゴの刺身

セイゴは思ったより中太り、クロダイは抱卵

 

ところで、

伊良湖水道ではサワラの群れが入ったようで、、、  

今年の海は やっぱりオカシイ!  伊勢湾らしくない。

ただ、何か釣れないと何かが釣れるところは救いです。

 

 

2015年4月 3日 (金)

釣り(2015.4.2)

釣れないと余計釣りたくなるのが釣り人の性。

食しては最高だが 最近、釣れなくなったメバルを釣ろうと、

002250

知多半島の片名港から『忠栄丸』で再びメバル釣りに出掛けました。

メバルのポイントを熟知していて、上手に釣らせてくれる船宿です。 

 

中物乗り合いで5時半出船。  

前半は風も波も大したこと無かったのに

後半は結構な風とウネリに悩まされました。

002266

前回も飛んできたカモメと目が合い、リリース魚をおねだりする(笑)

仕掛けは胴付き仕掛けの60号オモリで、エサは船宿が用意してくれたイサザです。

002262

だいぶ以前に購入した中通し3.3mの竿(レジェンドだ)と手巻きリールで頑張るも・・・

002267

チビメバルは釣れるのだが・・・

良いサイズはポツポツの拾い釣りで数が伸びませんでした。

まあ、こういう事もある(笑)

002277

調理途中の釣果写真

釣果は煮付けサイズのメバル4匹と 

チビ多数、カサゴ、海タナゴ、ベラ

002285

チビ他 その他の魚はお刺身に。

調理面倒サイズでしたが・・・妻に感謝(笑)

002287

煮付け美味し!

タケノコと山椒の新芽を添えて春実感でした。

やっぱり 春はメバル! 家族に好評なので、もう少し狙ってみます。

 

 

2015年3月20日 (金)

釣り(2015.3.19)

雨の予報なので、家でおとなしくしていようと思っていたら

あれ~ 予報が曇りマークに。 ならば気温も高いし、波もなさそうなので 

急遽出撃を決めた。 ら、再びあれ~ 予報がやっぱり雨マークに(泣)

雨でも温かい雨だし「マッ、いいかー」 と決行。

周りから その気にさせる話もあったし・・?(笑)

 

さて、狙いは春告魚のメバル。

決して強い引きではないけど、独特な釣り味があるメバル釣りは大好きな釣りの1つです。

しかし昔と比べて数が少なくなったせいか、最近はパッとしません。

船宿は『忠栄丸』さんで3名の中物乗り合いでした。

メバル釣りの得意な船でマッキーが師崎で最初に乗った釣船です。

 

6時半、片名港出船

前半 3時間半ほどメバル釣りでした。

やっぱり雨。でも温かいので あまり苦になりませんでした。

冬の冷たい雨を経験しているからね(笑)

02781

カモメも飛来して応援。 いや、エサのおねだり(笑)

探検丸を見ていると 魚の反応はイマイチ。

低い棚で拾い釣りのような感じで時々釣れます。

アタリがあって 少し持ち上げて待っていても なかなか追い食いがありません。

春のメバル釣りらしくない感じでしたが、サイズは良いので それが救い。

 

後半 1時間半ほどは、伊良湖水道で土産作りの楽釣カサゴ釣りが

『一体どうしたんだろう?』と言うくらい不調でして

メバルよりカサゴの方が難易度が高かったです。

たぶん何かの原因で喰い気が無かったんだろうと思いますが。

Img01

25cm頭に12匹で数は遠慮気味(笑) 

002784

相性抜群のタケノコと一緒に煮付けました。

メバルは釣っても食べても 良い魚ですね~

 

 

 

2015年3月16日 (月)

釣り(2015.3.15)

00082


穏やかな春の陽気に誘われて 

6名の大物乗合で、泳がせ釣りに行って来ました。

サビキ仕掛けでエサのイワシを順調に確保。

その後 本命のヒラメやブリを狙いました。

が、こちらは一度もアタリ無く終了。 いわゆる『ボ・・』でした(泣)

 

これも想定内の大物釣り。

00089

こんな事もあろうかとエサのマイワシをカモメにやらず持ち帰る(笑)

 

面倒だが3枚に下ろし、皮を頭の方から手で剥く。

00091

美味そうですね。  が、食べると『普通』でした(泣)

これも想定内?

白身の方は 先日釣ったイシダイの柵をダッキーでパッキング。

冷凍して氷水解凍したものです。お試しでやってみました。

脂の乗っている魚はマグロと同様に冷凍しても美味しいかったです。

 

しかしこれは釣りに行かない日でも食べられるので、

何かイマイチ気分転換にならない春霞のような今回の釣りでした。

スカッと何か釣りたいな~

 

2015年2月27日 (金)

泳がせ釣り(2015.2.26)

中深海のオニカサゴ釣りを予定していたが、

またしても、憎き低気圧の接近で中止。しかも今回はWだ。

で、近場を物色していたところ、

いつも人気で予約いっぱいの『松下丸』さんが

まだ空いているではないか! 

それだけ天気が悪いという事か(笑)

6名の乗り合いでした。

 

朝起きると 

雨の降り出しは昼前と読んでいたのに

早くも雨が降っているではありませんか(泣)

7時出船の1時間ほど前に船宿に到着。お茶をいただきながら

おかみさんや他のお客さんと、最近の海の様子を会話すると、

『今年は伊良湖水道にイワシのベイトが何時までもある。

そのベイトに反応してブリや大ヒラメ、大鯛が釣れる。

でもイワシの代わりにコウナゴが少ないとか?

その為 昨年の今ごろ釣れていたマタカが少ないとか?

海の時期が遅れているのか?』 とかとか。

 

何れにせよ、取り敢えず今日の事が心配。

冷たいまとまった雨の中、来ればデカい!の楽しみはあるが、 

来なけりゃ辛い撃沈覚悟の釣りである(笑)

00033

まずイワシを釣って、それをエサに泳がせ釣り あるいはタテ釣り(落とし込み)です。

探検丸を見ていると カタクチイワシの反応や、マイワシの反応が出るが、

ベイトが小さいのか、仕掛けが棚に行くまでに無くなったり途中で現れたりだ。

できればマイワシ希望なので、探検丸は役にたった。

時間は掛かったがエサを確保したところで

いよいよ本命の釣り開始。波も風もたいした事ない。

でも 冷たい雨が降りっぱなし。手がかじかんで言うことをきかん。

 

船長の言ってたとおり、地合いは短く 満潮前後で、 

2度アタリはありましたが、一度はたぶんヒラメで、

喰い込まず、上手にエサだけ失敬していきました。

2度目のアタリは『向こうまかせ』でしっかり針掛かり。

ブリの強烈なファイトを楽しめました。

0045

ブリ88cm  前回よりやや小ぶりw

隣の人は66cmのヒラメゲット。欲張りにも、

ちょっとうらやましかったです(笑) 

縦の釣りにも挑戦してみたかったが、持参した市販の仕掛けが7号で

ブリが来たら上げる自信が無かったので

終始ハリス8号の泳がせ釣りでやってました。

 

冷たい雨で冷えきった体を

船宿で豚汁をゴチになり、温まって帰宅。

00049

00057

刺身のテンコ盛りw 

当日の背身は△だが、腹身、カマの部分は◎

カサゴの刺身が貴重(笑)


00060

初めて食べてみました。ブリの心臓の刺身。

心臓だけに、ハツものです(爆)

 

 

 

2015年2月12日 (木)

船釣り(2015.2.11)

「サンフィッシャーSATO」さんで,

前からチャンスを伺っていた「越冬石鯛」を狙いに

行って来ました。

この時期、エビ餌がなかなか手に入り難いので、

天候によってはジギングにするかと準備が大変です(笑)

 

朝霧が立ち込める中、衣浦マリーナを6時半出船

001958

穏やかな海です。日の出を見ていると正月気分!

つい手を合わせてしまいます(笑)

 

途中、篠島でエサのエビを調達

あまりエビ漁に出られる日は少なく、出てもたくさん獲れないようですが

水温が低いので、獲った後は暫く生かしておけるようです。

エビはとっても元気でした。

伊良湖水道では鳥山がありベイトもあるのか? 船がいっぱい。 

スナメリにも遭遇して 波静かな海を快調に走り ポイントに到着。

 

船長もこんなに低い水温は初めてという、12度以下の水温に心配しながら

釣り始める。 が、心配御無用。

いきなりカサゴがポンポンと釣れて魚の活性が良さそう。

そして、本命の石鯛がグッドモーニングの挨拶(笑)

これはイケる! 

船長も直ぐに2枚掛ける。

までは良かったのですが、本命の登場はこれまでで、

その他の魚がタマポツ。  で、心配御有用に。。。(泣)

001971

絶好の日和で、春かと錯覚するほどの陽気。

だが、12度以下の低水温で、潮の動きもほとんど無い。

手釣り、竿釣り、時にはエギングと色々と、手を変え品を変え試してみるが

針に掛からない。

結果、

001974

本命3匹、その他 イラ、ニベ、カサゴ、ホウボウ(ジュデイオング)

イラとニベは未知の味。

イラはウロコがきつく、水っぽいらしいので

食味はあまり評判良くないが何とか美味しく食べてやろうと 

思案中です。

001976

石鯛はどうやって食べても旨いので

思案なしです(笑)

 

 

2015年2月 6日 (金)

撃の沈々(2015.2.5)

また、やってしまいました(泣)

南岸低気圧の通過を心配しての出撃でしたが、

海の上は雨もたいした事無く、凪になって良かったんですが、

海の中も静かなもんでベイトが、またどっかへ行ってしまったようです。

00015

『優誠丸』さんのブリ・ヒラメ釣りの乗合で

先週同様、むらちゃんと出撃でしたがノーヒットノーラン。

それにしても、アタリなしの釣りは疲れます。

覚悟はして行ったつもりでしたが、覚悟が足らんかったのか(笑)

疲れが残ります。まだまだ修行が足らんですね。

めげずに また挑戦したいけど、エサの生イワシがもう残り僅かのようですが、

コウナゴのエサが入ったようなので手繰り釣りになっていくのかな。

春が待ち遠しいです。

 

そんなサブイ船上で試したのはコレ

00020 

たいした釣り木工じゃないけど、2×4材を丸くくり抜いたものを持参。

カップホルダー(スタンド)のプロトタイプ(笑)です。

船縁の棚に置くのにちょうど良いサイズでした。

 00019

少し大きめのアナもあけ、カップ麺にも対応です。

3分持って待つの大変だもんね~

魚は口を使わなかったので暇でしたが、

こちらは大活躍でした(笑)

 

 

 

2015年1月30日 (金)

ヒラメ釣り(2015.1.29)

あまり動かない潮で魚の活性はイマイチ心配なのだが、

冬の沖釣りは潮よりも天気優先!  あたれば大きい奴が釣れそうだし!

行ける日は出撃だ~~

と言うことで、

むらちゃんを無理やりじゃなく誘って、

無理やりじゃなく参戦してもらいました(笑)  

前回は伊良湖のベイトがどっかへ行っちゃって、

完璧な『撃の沈』をくらったけど、ベイトが戻って来たような情報なので、

それを信じて、相性の良い『優誠丸』さんで大物乗合で出撃です。

片名港を6時半出港

むらちゃんと近況自慢報告?をしながら、

あっと言う間に伊良湖水道に到着。

 

しかし、

天気優先、釣り日和かと期待して出掛けて来たのに、波高く風強い。

どうも半日 天気がずれていたようです。

今シーズン一番の冷えこみに耐えながら

特に最初の1時間くらいは『辛い』釣り。

釣れればそれも吹っ飛ぶが、気配が無いまま時間だけが過ぎる。

01877 

長い寒中修行のような状態が続いたが、

その修行の甲斐がありました(笑)

 

11時頃 やっと波も収まり始め 上げ7分の頃合い。

鳥山も現れベイトの魚も出始めた様子。

ジギング船や泳がせ釣りの船が集まって来る。  

いよいよ地合か。近くの船では魚を掬う姿がちらほら。

01887

何となく釣れそうな気配、雰囲気が伝わって来る。

そして船長の『上げて下さ~い』の上げる途中 

マッキーの竿にヒット!!! 

したのに、船縁でプッツンで軽くなり痛恨のバラシ。

重量感、引きの具合や8号ハリスの切られ方から 

たぶん歯の鋭いサワラ? 勿体無いことをした。

 

気を取り直し、直ったところで、またヒット!

竿先が2,3回ふぁん~ふぁん~とお辞儀をしたところで

強烈に海面に突っ込んだ。  

01881

今度は慎重に時間を掛けて手でリールを巻き上げる。

また切られたら・・・ 色々と恐ろしい(笑) 

船長の差し出すタモに収まったのは、90cmオーバーのブリ。

翌日は嬉しい筋肉痛にさせてくれる奴だ。

船長とガッツポーズ。 喜んでもらい嬉しさもひとしおだ。

 

もうこれで十分満足していたら、最後のおまけにヒット!(笑)

これでもう十二分満足。。。していたら、またまたヒットで

最後の最後に70オーバーのヒラメまで釣れちゃって・・・

釣れる時はこんなもんですね(笑) 興奮しました。

 

 

そして勿論、むらちゃんも掛けていた。

00050


01892


01898

ねばり流石 お見事 立派!

先日の腰痛が吹っ飛んだとか(大笑)

 

 

 

港で測定と記念撮影

001900

00064

00063

出来過ぎでした。

 

 

 

より以前の記事一覧

HPは『森の林の木』

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ