カテゴリー「蕎麦」の14件の記事

2014年8月18日 (月)

お盆の蕎麦打ち

盆で家族が大勢集まったので 久しぶりに蕎麦打った。

高山製粉の『八ヶ岳』と同社のつなぎ粉を二八で43%加水。

00146

00149


00150


00153

久しぶりにしては、上出来(笑)

この後は 茹でて、氷で締めて、笊に盛って・・・

打ち立ての蕎麦を一刻も早く食べようと、

写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました(笑)

2014年3月27日 (木)

蕎麦 伊とう

今日は午後から名古屋で所用があったので

昼は友人と2人で蕎麦喰い。

名古屋駅(名駅)西の徒歩15分くらいの所にある

伊とう』さんに行って来ました。

00031

もと遊郭だった建物を蕎麦屋にリノベーションした歴史ある佇まいで、

ただの蕎麦屋とは思えないオーラがあります。

こう言う建物には惹かれますね。遊郭という言葉にも(笑)

お洒落で立派な暖簾を期待いっぱいでくぐり、

00032

まずは一杯。


00036

『蕎麦前五種』と

00038

『焼味噌』を2人で突っつき合いながら、

ちびり ちびり、いや、グイグイやる。グラスお代わり(笑)

00042

期待通り、二八蕎麦は喉越し、腰、香り、太さ、申し分なし。

汁は濃い目で少しつけていただく。 ズルズルー 旨い。

ちゃんと了解をとって撮影してます(笑)

00044

近づくと、見てるだけで美味しさが伝わって来る。


00046

蕎麦湯はポタージュ系で蕎麦湯の為の蕎麦湯。

これも料理の一品という気品が入っています。 

笊もいい奴 使っとるね。

00051

ごちそうさん。

また誰かを連れて行きたい 『いい店発見!』でした。

 

 

 

 

 

 

 

2014年3月24日 (月)

塩尻・松本散策(2014.3.23)

巷では3連休最後の日、『早起きは三文の得』と言うことで、

釣り程ではないけど早朝に信州に向かって出発しました。

早起きが辛くないところが、釣りをやってて良いところ?(笑)

00015

そのせいか混雑なしで高速もスイスイと、予定より早く到着しました。

最初に立ち寄った場所は、塩尻にあるワイナリー

00022

『井筒ワイン』と、

00026

その向かいにある『五一ワイン』と、

00027

その近くにある『信濃ワイン』

00028_2

その店内

00135

増税前とか何とか言って、いっぱい買ってしまいました(笑)

左から 『五一』『井筒』『信濃』

実はワインの事はあまりよく分からないのですが、

国産ワインには興味あります。

一升瓶入りのワインも買う。

00142

一升瓶は注ぐのも大変だし、一度に飲みきれないので、

飲みきれなかった分は空いた瓶に詰め替えました(一笑)

瓶を変えると、結構美味しくなるから不思議です?

 

 

お次は

00077

日本アルプスサラダ街道を北上。

00045

遠くにアルプスの山々、近くには葡萄の木もいっぱいあり、景色抜群でした。

欲を言えば、もう少し暖かくなって、葉のある奴を見たかったw

風景を楽しみながら

00074

蕎麦通なら誰でも知ってる?松本平の山形村の『唐沢蕎麦集落』に。

前から一度訪れてみたかった場所です。

この集落のたくさんある蕎麦屋さんの中から   

00050

今回は、と言っても初めてですが 『根橋屋』さんに入りました。

00053

座敷は広々


00055

おもてなしの野沢菜が ふんだんに。

00059

相方は温かい『とろろ蕎麦』

00067

マッキーは『天ザル』

00064

00065

近寄ってみると、こんなふうです。

 

ここの蕎麦はいいですね~ 田舎っぽい『おもてなし』が最高。

都会の繊細な蕎麦にない、気取ってない蕎麦本来の蕎麦って言う気がします。

蕎麦も天婦羅も 決して上品ではないが、風味あり、旨く、しかも安い。

好感度グンバツ。腹いっぱい蕎麦を堪能しました。

また行きたいですね。お勧めスポットです。

 

 

腹いっぱい幸せな気分になり、鼻歌まじりで

松本市内に向かいました。 目的は、

00079  

松本城は今回は通りから見るだけで、

00080

竹細工屋さんの『柏善 上原善平商店』の竹籠です。

00082

店内は『根曲がり竹』や『すずたけ』で編んだ籠や笊が所狭しと置いてあります。

ちゃんと了解をとって撮影してます(笑)

00118

『籠』二点と『弁当入れ』を購入。

00125

りんごを入れると こんな風です。

 

その後、中町界隈を散策。

00088

00089

白壁の町並みが立派です。

00097

時計博物館で興味のあった古時計を見て、

 

飴屋さんの『山屋御飴所』に。

00111

00108

歴史を感じる店内外

Oo130

飴も買ったが、

00129

これを買いたかった!(笑)

もち米で作った水飴

 

00008


00014

『練り飴』です。こんな風にして練ると白っぽくなってくる。

一休さんの気分になって舐める。

これを久しぶりに やりたかったのです(笑)

懐かしや~~

 

 

飯田で名水を汲んで

00113

三州街道経由で帰路に。

00137

途中、稲武の『どんぐりの里』に寄って

奥三河の幻の米と言われている『ミネアサヒ』と


00138

設楽産の蒟蒻を買う。 

ピリ辛蒟蒻作ると、旨いんだよね~

 

00116

朝早くから夕方まで ちょっとハードなドライブでした(笑)

 

 

 

 

2014年2月23日 (日)

蕎麦焼き味噌

00005

蕎麦粉をネットで『高山製粉』さんに注文する時、ついでに

蕎麦の『丸抜き』も注文したら、真空パック入りで送られて来ました。

00006

開けると、こんなんです。

『丸抜き(蕎麦米)』は、これを挽くと蕎麦粉になる、米で言うと玄米みたいな奴です。

丸抜きを注文したのは『焼き蕎麦味噌』や『蕎麦粥』を作るためです。

で、作ってみました。

00011

まず、『丸抜き』を油で焦がさないように揚げます。

味噌、葱、鰹節、胡桃、砂糖を入れて混ぜ、火にかけて練ります。

00028

味噌は今回は西京味噌。柚子なんか入れても香りがいいです。

器に盛って完成ですが、

 

00032

トースターでこんがり炙って香ばしくすると、なお美味い。

『しゃもじ』はヒノキで色々と自作しました。

 

熱燗で これをアテに一杯やりながら、  

昼下がりの一時を のんびりだらりんと、

なまけものになるのも、いいもんです(笑)

寒風に晒されながら 船上で釣りをするのも好きですが?

 

 

00036

たくさん作って冷凍もありです。こうしておけば、

いつでも のんびりだらりん 出来ます(笑)

 

 

 

2013年10月25日 (金)

蕎麦屋の二階

昨日は台風に翻弄され、予定していた釣りに行けず残念な1日でしたが、夜は

熟年男が蕎麦屋の2階に集まっての会食でした。

『蕎麦屋の二階』と言うのは何だか『密談、密会』っぽくて良いですね(笑)

しかもこの蕎麦屋、古民家を改装した建物で、古風で、やや薄暗く、雰囲気ある趣です。

 

場所は半田市にある『古窯庵』です

00030

夜のコースは鉢物の他、フグや赤ムツも供され、

最後に出された2種の細い蕎麦と太い田舎蕎麦は

新蕎麦の香り高く、余韻ある美味しさでした。

00027

昼は行列のできるお店です。マッキーお勧めの蕎麦屋さん。

今度は密会で また古窯あん(笑)

 

 

2013年9月25日 (水)

大杉そば

久しぶりに蕎麦を打ちました。

使った蕎麦粉は安城市の『でんまぁと』で購入した「大杉そば粉」です。

00096


マイケル・ジャクソンのネバーランドとは関係ないですが、

長野県の根羽村にネバーランドという観光複合施設がありまして、

そこの蕎麦粉です。

近くに『月瀬の大杉』という樹齢1800年の樹高40mの巨木があり、

そこからのネーミングだと思われます。

00099

久しぶりに打ったので、しかも初めての粉でしたので、

やはり水回しで水が多過ぎてしまいました。

00101

粉で購入ということもあり、しかもこの時期ですから、

蕎麦の香りはしかたないとして、まずまずの出来で、

翌日も汁蕎麦にして頂きましたが、

自分としては、こちらの方が美味しく出来ました。

もうすぐ新そばの時期になるので、これも味わってみたいです。

 

 

 

 

2013年8月25日 (日)

伊吹蕎麦

長浜市に行った帰りの道中、米原の泉神社で水汲みした後、

日本そば発祥の地と言われている伊吹で蕎麦を食べて来た。

蕎麦好きのマッキーとしては、一度はチェックを入れたかった場所です。

 00115

 00110

 00113

長浜でランチを食べた後なので、おろし蕎麦を二人で一枚、味見しました。

蕎麦は太くて、白っぽく、なめらか、蕎麦つゆは甘かったです。

新そばの頃に行って、粉を買い、自分で打ってみようかな。

 

 

 

2013年8月 5日 (月)

蕎麦打ち(2013.8.4)

昨日の日曜日、家族7人分の蕎麦1Kgを打ちました。

以前は毎週のように打ってましたが、最近釣りに忙しかったから

すっかり蕎麦打ちは、ご無沙汰です。

 

今回も使った蕎麦粉は『知多美人そば』です。

  00036_2

久しぶりに打ったので、『水回し』がちょっと失敗。加水が多すぎた。

  00034


  00042

何とかごまかし、繋がった蕎麦になりました。

ごまかしも腕のうち(笑)

『知多美人そば』は打ちやすい、優しい味の蕎麦ですね。

00057

大笊に盛りました。今日も嬉しい箸の空中戦(笑)

00061


冷凍保存しておいた先日釣った鮎も塩焼きにしました。

解凍せず、そのままグリルで一気に焼いたほうが良いそうです。

 

 

 

2013年5月 8日 (水)

鴨南蛮

先日のGWは家でゆっくり過ごしたので、久しぶりに蕎麦打ちをする。

今回は二人分×2日分の予定で、500g打ち、

冷凍庫に保存してあった鴨肉で鴨南蛮蕎麦も作りました。

 00130

蕎麦を打った当日は、ざる蕎麦で。翌日は鴨の温かい汁蕎麦で。

 00191

鴨肉はいつも焼き過ぎで、硬くなってしまうので、

今回は以前ブログに載せた『松阪ステーキ』のやり方でやってみました。

先に65度くらいのお湯で火を通してから焼く方法です。

 

 00195

鴨の脂身から旨いエキスが出るので、ここだけはよく焼いて、

ネギに鴨の旨みを吸わせます。   

赤身は火は通っているから焦げ目を付ける程度に焼きます。

温かい汁蕎麦に乗せて、

 00196

トウガラシを振り掛けて完成です。ネギ(南蛮)が旨いね~。

 

 

 

 

2013年2月26日 (火)

かけそば

日曜に1Kg打った『知多美人蕎麦』、大人5人、子供2日では食べきれず、

生の状態で冷蔵庫で保存しておいたのを、

今日の昼に茹でて、温かいかけ蕎麦でいただきました。

美人も2日経つと、やや香りは少なめですが、

温かい蕎麦なら十分美味しく食べられますね。

00105

冷凍保存してあった天麩羅もオーブントースターで解凍して乗せました。

 

 

 

 

より以前の記事一覧

HPは『森の林の木』

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ